CRECON MEDICAL ASSESSMENT

EN

Conference

学会発表など

  • 杠岳文, 田亮介, 湯本洋介, 青島耕平井上幸恵, 近島博道. 健保レセプトデータを用いたアルコール依存症の直接医療費の推計. 2019年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会. 2019年10月4日-6日.

  • Liu G, Kobayashi M, Pizzi L T. Drug Pricing and Value Perspectives on the US versus Asia. ISPOR 2019, New Orleans, LA, USA. ISPOR Forum. May 20, 2019.

  • 久住一郎, 井上幸恵, 馬塲健次, 野坂忠史, 安斉俊久. 統合失調症治療薬による心血管系イベント発症リスクの検証:医療情報データベースを用いたコホート研究. 第115回日本精神神経学会学術総会. 2019年6月20日-22日.

  • Murata T, Suzukamo Y, Shiroiwa T, Taira N, Shimozuma K. RESPONSE SHIFT EFFECT ON QUALITY OF LIFE IN RANDOMIZED CONTROL TRIAL OF TAXANE VERSUS S-1 FOR METASTATIC BREAST CANCER PATIENTS (SELECT-BC): STRUCTURAL QUATION MODELING. ISPOR Europe, Barcelona, Spain. Poster Presentation. Nov 14, 2018.

  • Kaku K, Haneda M, Sakamaki H, Yasui A, Murata T, Ustyugova AV, Chin R, Hirase T, Shibahara T, Hayashi N, Kansal A, Kaspers S, Okamura T. COST-EFFECTIVENESS ANALYSIS OF EMPAGLIFLOZIN IN JAPAN BASED ON RESULTS FROM THE SUBGROUP ANALYSIS OF ASIAN PATIENTS IN THE EMPA-REG OUTCOME TRIAL. ISPOR Europe, Barcelona, Spain. Poster Presentation. Nov 13, 2018.

  • Akiyama S, Murata T, Kidoguchi Y, Osuga Y. DIRECT COST OF UNINTENDED PREGNANCIES IN JAPAN: ESTIMATING POTENTIAL IMPACTS WITH INCREASED USE OF MODERN CONTRACEPTIVES. ISPOR Europe, Barcelona, Spain. Poster Presentation. Nov 12, 2018.

  • Kobayashi M. ESTIMATION OF THE NUMBER OF PNEUMONIA PATIENTS IN JAPAN USING PUBLIC REAL-WORLD DATAI. ISPOR Europe, Barcelona, Spain. Poster Presentation. Nov 13, 2018.

  • Hanada K, Akazawa M. CURRENT STATUS OF REAL WORLD DATA USING FOR CONDUCTING COST-EFFECTIVENESS ASSESSMENTS IN JAPAN. ISPOR Asia-Pacific Conference, Tokyo, Japan. Poster Presentation. Sep 11, 2018.

  • Noto S, Fukuda T, Saito S, Shimozuma K, Ikeda S, Shiroiwa T, Igarashi A, Ishida H, Moriwaki K, Kobayashi M. PREFERENCE-BASED HEALTH-RELATED QUALITY OF LIFE FOR HEART DISEASE PATIENTS IN JAPAN. ISPOR Asia-Pacific Conference, Tokyo, Japan. Poster Presentation. Sep 11, 2018.

  • Inoue S, Kobayashi M, Pang F. AN ECONOMIC EVALUATION OF MIGALASTAT VERSUS ERT FOR THE TREATMENT OF FABRY DISEASE IN JAPAN. ISPOR Asia-Pacific Conference, Tokyo, Japan. Poster Presentation. Sep 10, 2018.

TOP
費用対効果分析

費用対効果分析

薬剤経済学(医療経済評価)で、医薬品・医療機器の費用対効果を評価するためには、様々な専門技術・専門知識を複合的に活用することが必要です。弊社では、長年培った高度なモデリング・統計解析技術を駆使して、様々な医療技術の費用対効果を評価します。

  • 費用対効果分析
  • 意思決定モデル構築
  • 先行研究レビュー
  • システマティックレビュー
  • 間接比較/
    ネットワークメタアナリシス
  • 新薬導入による財政影響分析
    budget impact analysis
疾病負担分析

疾病負担分析

疾患の社会経済的負担の大きさは、その疾患の治療価値に比例します。しかし、そのような疾病負担の推計は意外なほど行われていません。弊社では、疾病負担分析を通して、患者数・イベント数などの疫学的情報、長期的な生存年や医療費などの推計を行います。

  • 対象疾患の
    経済的負担の定量化
  • 患者数推計・予測
  • 生涯医療費の推計
  • 期待生存年の推計
リアルワールドデータ

リアルワールドデータ解析/
患者アウトカムデータ解析

弊社では、高度な統計学的知識・技術に基づき、診療データやレセプトデータなどのリアルワールドデータ解析や、患者アウトカムデータ解析を実施します。

  • 調査計画立案/
    プロトコル作成
  • 診療データ解析
  • レセプトデータ解析
  • QOL調査
  • コンジョイント分析/
    離散選択実験(DCE)
  • 探索的解析
教育及び各種コンサルティング

教育及び
各種コンサルティング

弊社では薬剤経済学(医療経済評価)・医療技術評価(HTA)に関する社内の教育・啓発活動のお手伝いや各種コンサルティングも提供しております。また、英国NICEにおけるtechnology appraisal(TA)のレビュー・内容整理に基づくコンサルティングも行っております。

  • 講演・ワークショップ
  • 各種コンサルティング
  • NICE TAレビュー