CRECON MEDICAL ASSESSMENT

EN

私たちの
ミッションとビジョン

医薬品と医療機器の価値を
適正に評価します

医薬品と医療機器の価値を評価し、適正な価格を検討する上で重要なエビデンスとなるのが
薬剤経済学(医療経済評価)や医療技術評価(HTA)による分析です。
クレコンメディカルアセスメント株式会社は、統計解析や高精度なシミュレーションを駆使して
モデル構築や費用対効果分析を行います。
専門性を発揮し、医薬品・医療機器産業をはじめ医療業界の発展を支えます。

Mission

統計解析・モデル化技術で
お客様の課題を解決します

健康と医療は人間としての根源的なニーズです。
この期待に応えるために、医薬品・医療機器産業は日々研究開発に努めています。
しかし、増加する医療費問題を背景に、医薬品・医療機器の費用対効果への関心が高まり、
その経済的価値を正しく評価する新たな仕組みが求められています。
2019年4月からは、医薬品や医療機器の価格決定ルールに費用対効果を考慮する仕組みが導入されました。

弊社は、薬剤経済学(医療経済評価)・医療技術評価(HTA)を通して、
長年蓄積してきた統計解析やモデリングなどの専門スキルを活用し、医薬品と医療機器の価値を評価してきました。
弊社のミッションは、医薬品と医療機器に関連する問題にさまざまなソリューションをご提案すること。
費用対効果分析をはじめ「価値に見合った価格」を追求しています。

Vision

高い志を持った専門家集団
知識と叡智を結集し強固な組織へ

薬剤経済学(医療経済評価)・医療技術評価(HTA)は、欧米では事実上の必須項目で、実用化が進んでいます。
日本においても、2019年4月からは、医薬品や医療機器の価格決定ルールに費用対効果を考慮する仕組みが導入されました。今後、医薬品・医療機器産業にとって、薬剤経済学やHTAの知識の習得や対応の検討は喫緊の課題と言えます。
しかし、分析に必要とされるさまざまなデータを確保し、専門的視点で正しく評価することは容易ではありません。弊社は医療における費用対効果を評価する取り組みをサポートします。

弊社は「高い志を持った専門家集団」です。
将来に向けて、最新の専門知識と叡智を結集した組織基盤を拡充することをめざしております。
今後も薬剤経済分析と統計解析の視点をさらに養い、医薬品・医療機器産業の持続的発展を支えてまいります。

TOPOur Strength
TOP
費用対効果分析

費用対効果分析

薬剤経済学(医療経済評価)で、医薬品・医療機器の費用対効果を評価するためには、様々な専門技術・専門知識を複合的に活用することが必要です。弊社では、長年培った高度なモデリング・統計解析技術を駆使して、様々な医療技術の費用対効果を評価します。

  • 費用対効果分析
  • 意思決定モデル構築
  • 先行研究レビュー
  • システマティックレビュー
  • 間接比較/
    ネットワークメタアナリシス
  • 新薬導入による財政影響分析
    budget impact analysis
疾病負担分析

疾病負担分析

疾患の社会経済的負担の大きさは、その疾患の治療価値に比例します。しかし、そのような疾病負担の推計は意外なほど行われていません。弊社では、疾病負担分析を通して、患者数・イベント数などの疫学的情報、長期的な生存年や医療費などの推計を行います。

  • 対象疾患の
    経済的負担の定量化
  • 患者数推計・予測
  • 生涯医療費の推計
  • 期待生存年の推計
リアルワールドデータ

リアルワールドデータ解析/
患者アウトカムデータ解析

弊社では、高度な統計学的知識・技術に基づき、診療データやレセプトデータなどのリアルワールドデータ解析や、患者アウトカムデータ解析を実施します。

  • 調査計画立案/
    プロトコル作成
  • 診療データ解析
  • レセプトデータ解析
  • QOL調査
  • コンジョイント分析/
    離散選択実験(DCE)
  • 探索的解析
教育及び各種コンサルティング

教育及び
各種コンサルティング

弊社では薬剤経済学(医療経済評価)・医療技術評価(HTA)に関する社内の教育・啓発活動のお手伝いや各種コンサルティングも提供しております。また、英国NICEにおけるtechnology appraisal(TA)のレビュー・内容整理に基づくコンサルティングも行っております。

  • 講演・ワークショップ
  • 各種コンサルティング
  • NICE TAレビュー