過去の関連発表

学会発表など一覧へ

  • 村田達教, 鈴鴨よしみ, 白岩健, 下妻晃二郎, 大橋靖雄, 向井博文. 移転・再発乳癌患者対象のタキサン系薬剤とティーエスワンのランダム化比較試験(SELECT-BC)におけるQOLのレスポンスシフト分析. 第5回QOL/PRO研究学術会. 2017年12月2日.

  • Mishina S, Murata T. Medical Cost Evaluation of Apixaban versus Warfarin in Patients with Non valvular Atrial Fibrillation: Japanese Claims Database Analysis. ISPOR 20th Annual European Congress Glasgow, Scotland. Research Poster Presentations. Nov 4-8, 2017.

  • Yamabe K, Kuwabara H, Inoue S, Kobayashi M. Burden Of Ulcerative Colitis In Japan. ISPOR 20th Annual European Congress Glasgow, Scotland. Research Poster Presentations. Nov 6, 2017.

  • Kobayashi K, Kanda H, Shimazaki R, Murata T, Kobayashi M. Economic Evaluation of Egfr Control In Patients With Chronic Kidney Disease In Japan. ISPOR 20th Annual European Congress Glasgow, Scotland. Research Poster Presentations. Nov 6, 2017.

  • Noto S, Igarashi A, Shiroiwa T, Fukuda T, Ikeda S, Moriwaki K, Saito S, Shimozuma K, Ishida H, Kobayashi M. Reliability And Validity Of Two Proxy Versions Of EQ-5D-5L In Japan. ISPOR 20th Annual European Congress Glasgow, Scotland. Research Poster Presentations. Nov 7, 2017.

連載一覧へ

書籍一覧へ

  • 井上幸恵. 第6章 自己注射の医療・経済・価値と、診療報酬点数 第2節 医療経済的観点から考える自己注射の価値評価. 自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み. (技術情報協会).2016.

    • 井上幸恵第7章:日本における薬価・医療保険制度の基礎と攻略法 第4節 新薬の薬価交渉における医療経済評価の応用. 世界の薬価2015. 2015. Page.326-329.
    • 小林慎. 医療経済評価におけるモデル分析.(基礎から学ぶ医療経済評価 費用対効果を正しく理解するために, レギュラトリーサイエンス財団 編). 2015
    • 小林慎. 医療経済評価の具体的な活用法.(技術情報協会, 長瀬敏雄他 編). 2014
    • 井上幸恵. 敗血症の治療の実状と病態・メカニズムをふまえた開発戦略. (技術情報協会, 早川峰司他 編). 2013