過去の関連発表

学会発表など一覧へ

  • Uda A, Hiroi S, Inoue S, Kuwabara H, Yamabe K, Otake K. Study on Patient-Reported Outcomes in Inflammatory Bowel Disease Treatment: A Systematic Review of the Literature. HTAi2016, Tokyo, Japan. 10-14 May, 2016.

  • Nitta K, Wajima R, Tachibana G, Inoue S, Fujiwara R, Sugiyama K. Analysis of Risk Factors for Visual Field Progression in Open Angle Glaucoma. ARVO2016, Seattle, WA, USA. 1-5 May, 2016.

  • Yuasa A, Ii Y, Yamamoto Y, Kitazaki S, Murata T, Saito K, Fujimoto Y. Outcome Research To Investigate The Actual Status of MRSA Infection and Usage of ANTI-MRSA Drugs in Real Clinical Settings in Japan : A Retrospective Database Study. ISPOR 18th Annual European Congress, Milan, Italy. 7-11 November, 2015.

  • Ikeda S, Murata T, Kobayashi M. Role of cost-effectiveness analysis in pricing process of new drug in Japan. ISPOR 18th Annual European Congress, Milan, Italy. 7-11 November, 2015.

  • Yamabe K, Hiroi S, Inoue S, Kobayashi M. Study on Cost-Effectiveness Analysis for Treatment of Major Depression Disease: A Systematic Review of Literature from 2004-2014. ISPOR 18th Annual European Congress, Milan, Italy. 7-11 November, 2015

連載一覧へ

  • 小林慎. Value-based approachのために- 第3回:ESMO-MCBS ~ HTAの抗がん剤への影響は?Monthlyミクス. 2017; 6:58-60.

  • 小林. Value-based approachのために- 第2回:ASCO Value Framework~抗がん剤の価格交渉への影響は? Monthlyミクス. 2017; 5:58-60.

  • 小林. Value-based approachのために- 第1回:費用対効果評価で変わる薬価交渉「値ごろ感算定方式」の崩壊 Monthlyミクス. 2017; 4:64-66.

  • 小林. 薬剤経済学の真髄 - 価値に見合った価格とは- 第91回:最終回 Monthlyミクス. 2016; 7:86-89.

  • 小林. 薬剤経済学の真髄 - 価値に見合った価格とは- 第90回:エクセルを使ったモデル構築(6)マルコフモデルによる費用対効果分析 Monthlyミクス. 2016; 6:86-89.

書籍一覧へ

  • 井上幸恵. 第6章 自己注射の医療・経済・価値と、診療報酬点数 第2節 医療経済的観点から考える自己注射の価値評価. 自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み. (技術情報協会).2016.

    • 井上幸恵第7章:日本における薬価・医療保険制度の基礎と攻略法 第4節 新薬の薬価交渉における医療経済評価の応用. 世界の薬価2015. 2015. Page.326-329.
    • 小林慎. 医療経済評価におけるモデル分析.(基礎から学ぶ医療経済評価 費用対効果を正しく理解するために, レギュラトリーサイエンス財団 編). 2015
    • 小林慎. 医療経済評価の具体的な活用法.(技術情報協会, 長瀬敏雄他 編). 2014
    • 井上幸恵. 敗血症の治療の実状と病態・メカニズムをふまえた開発戦略. (技術情報協会, 早川峰司他 編). 2013